セミナー資料

🔒 [動画] 東南アジア成長国を活用した資産形成とマレーシア・クアラルンプールのプロジェクトのご紹介

2021年6月3日に PropertyAccess 竹田 直之氏と開催したウェビナーの動画を会員の方向けに公開します。

テーマ:日本だけでは資産形成が難しい時代へ
バブル崩壊以降、賃金下落、少子高齢化、デフレに長く苦しんでいる日本。他の先進国が右肩上がりの成長を実現する一方、日本は成長が困難な時代に資産を次世代に残すため、資産形成について真剣に考えなくてはいけません。

今回は、シンガポール在住でファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんが東南アジアで生活をしてみて分かった成長国への分散投資についてお話します。またプロパティアクセスの竹田直之がマレーシア不動産について、具体的な案件としてクアラルンプールのレジデンス案件についてお伝えします。

<紹介案件> 2,000万円台からユニットあり
マレーシアの大手デベロッパーによる、クアラルンプール中心の大規模開発案件。「ららぽーと」「キャノピーホテル(ヒルトンホテル)、「ZEPP HALL(ソニーミュージック)」、「リージャス」などの商業・ホテル・オフィスも充実。また、本件開発内には3路線の駅が新設され、乗り換え可能なハブ駅となる。

 


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。