FP花輪陽子が海外居住者のお金に関する悩みを解消

海外居住者は知らずに損している?

海外居住にまつわる「なんとなくの不安」

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。

夫の仕事の転勤でシンガポールに移住して数年が経ちました。はじめのうちはこちらの生活に慣れることで手一杯だったのですが、生活にリズムが取れるようになってから自分たちの生活に関するお金のことについて調べるようになりました。

沢山の方々とお話する中で、お金や資産運用に関して皆さんに共通するお悩みが見えてきました。それは

なんとなく不安があるけれど、何を聞いたらいいのかよく分からない
お金に関する相談は、プライバシーに関わるのでオープンに相談しづらい
インターネットで調べたくても日本とは違うのでキーワードが思いつかない

などです。貯金はどうしておけばよいのか、資産運用はできるのかといったことだけでなく、お子さんの進学のための準備やご自身やご家族の病気や怪我に備えた保険など、気になることはたくさんあっても、よく分からないから、とぼんやりとした不安を持ったままの方がとても多くいらっしゃいます。

成長アジアでの資産運用

一方、拙著「少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図」等でも取材をしましたが、アジアの経済は成長期であり正しいリスクを取った運用を行うことで、日本で資産運用をするよりも大きく資産を育てられる可能性があります。

駐在や転職などで日本に非居住の方には、こうしたアジアの金融商品を購入できる機会があります。しかし、数年間しかいない海外居住期間で、その機会に気づかずに帰国される方がほとんどです。給与振込先の口座以外の現地金融機関の口座を開いている方ですら非常に少ないです。

人生100年時代と言われる世の中で、長期的な成長が見込まれるアジアの経済に投資して追随しないのはもったいありません。また、香港・シンガポールは通貨が安定しており、法制度もしっかりと整備されているので安心です。中には日本から購入できるものもありますので、日本居住の方にも有用な情報をご提供します。

海外居住者向けの Q&A

このサイトでは以下の情報提供を行います。

  • 定期メールマガジン配信(無料会員含む)
  • バーチャル FP 相談
  • 公開 Q&A

バーチャルFP相談

もし、海外在住でこういう条件のFP相談の人がきたら・・・、と仮定をして、FP相談をする様子を対話形式で記載します。(月1回)

バーチャル相談者
バーチャル相談者
海外駐在歴半年、妻と、5才と2才の子供がいます。日系メーカーに勤めています。子供の大学進学に備えて今から資産運用を始めたいのですが、どうすればいいでしょう?
毎月の給与と支出、貯蓄まずはライフプラン表を一緒につくってみましょう。お子さんの通う学校や、習い事に関しても考慮が必要ですね。

まずは・・・・

公開 Q&A

皆さんのお感じになっているのが、「何を聞いたらいいか分からない」です。それでもわからないので、一人でお悩みになっている方が多くいらっしゃいます。私も、知人の方とは個別の面談などをしてきましたが、一人で皆さんのお悩みにお答えすることはできません。

そこで、皆さんから個人情報を含まない形で質問を受付け、それに対しての回答を会員のみなさんと共有することで、「ああ、そうなんだ」「そうそう、こういうこと聞きたかったんだ」という気づきを得ていただくことができます。他の人からのQ&Aをみて、「それだったら、これはどうなの?」とさらなる疑問が湧いてくるかもしれません。そうしたらまたご質問いただくことで、会員の皆さんで知識を共有していくことができます。

匿名質問者 Aさん
匿名質問者 Aさん
数年内に日本に戻る予定がありますが、どんな金融商品を買うことができるのですか?
匿名質問者 Bさん
匿名質問者 Bさん
シンガポールで投資信託は買えるのですか?
匿名質問者 Cさん
匿名質問者 Cさん
シンガポールで保険を買いたいと思ったらどうすればいいのですか?
皆さんの疑問、お悩みを解消します!

会員登録

人生100年、アジアの世紀と言われている時代に皆様のライフプランのお役に立つことができれば幸いです。まずは無料会員登録から始めてみてください。

花輪陽子プロフィール

ファイナンシャルプランナー。1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者。「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演や講演経験も多数。

外資系投資銀行を経てFPに。2015年から家族でシンガポールに在住。『シンガポールで見た日本の未来理想図』など著書多数。

オフィシャルサイト https://yokohanawa.com/