コラム

🔒 株式バブルはいつ崩壊するのか バイデン政権でベア相場到来は早まる

※ この投稿はまぐまぐ有料メールマガジン「花輪陽子のシンガポール富裕層が教えるお金持ちになる方法」からの転載です(2020まぐまぐ対象 資産運用(不動産・その他)の部門で2位になりました!)

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。ジム・ロジャーズ著『大転換の時代 世界的投資家が予言』(プレジデント社)が12月19日に発売になります。書籍の中から重要エッセンスをお伝えしましょう。

ロジャーズ氏はかねてから、次のバブル崩壊が自身にとって最悪の危機となり、その時、世界経済は立ち直ることはできないだろうと言っています。なぜなら膨大な債務を世界政府が抱えているからです。

コロナショック後の株式は各国の膨大な財政出動によって早く反発しました。しかし、債務は何兆ドルも増えたのです。日本でもGoTo事業など批判が噴出しているバラマキが行われ続けています。

歴史的にも莫大な債務を抱えると、必ず悲劇が訪れるということです。特に、株式相場が加熱すれば、歴史を見れば暴落は必ずやってくるのが常だからです。

 


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。