コラム

🔒 バブル崩壊に備える3つの方法 天才投資家たちはいくつもの危険なシグナルを掴んでいる

仮想通貨のバリュエーションは高騰している?

仮想通貨などバリュエーション(資産などの価値評価)が明らかに高いアセットが目立つようになってきました。穀物価格なども上昇し続けています。

バリュエーション(企業の利益・資産などの企業価値評価)とは、本来の企業価値と現在の株価を比較して、株価が相対的に割安か割高かを判断するものです。具体的な指標としては、株価純資産倍率(PBR)や株価収益率(PER)、配当利回りなどがあります。

このまま上昇トレンドに乗り続けてよいのか。投資家としては悩ましいところでしょう。

バブル崩壊のいくつもの兆候としては、仮想通貨がインデックス等金融商品になることや、ゴールドマン・サックスなどの大手証券が参入すること等が挙げられます。

サブプライムショックの際にも、大手証券の参入やインデックス等の金融商品となったことがバブル崩壊の引き金となりました。

仮想通貨は少数の投資家が大量に保有しており、マーケットで売りに出すと自分の首を締めることになります。

 


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。