fbpx
コラム

🔒 2023年の株式相場にはチャンスあり アジア、ヨーロッパなどが明るい

2022年は「60/40 ポートフォリオ」にとって最悪の年となりました

「60/40 ポートフォリオ」とは、60%を株式に配分して元本増価を提供し、40%を債券に配分して利回りとリスク軽減を提供するという伝統的なポートフォリオのことです。

適度なリスクの投資家にとって信頼できる道しるべとして長い間重宝されてきました。
 
ゴールドマン・サックスのレポートによると、22年は金利上昇があったものの、伝統的ポートフォリオはわずか 2.0%の利回りしか生み出しませんでした。
2022年以前の 10 年間 (2011 年から 2021 年) に、古典的な 60/40 ポートフォリオは 11.0%という驚異的な年間リターンを生み出しました。インフレ調整後でも、8.7%の年間実質リターンは、約 6%の長期水準を上回っています。
しかし、2000 年代に始まった悪名高い「失われた 10 年」の間、60/40 のポートフォリオは、わずか 2.3%の年率リターンに留まり、投資家はインフレ調整ベースで価値を失いました。
 
将来は不確定ですが、インフレ率の上昇が実質リターンを損なう可能性があり、投資家はポートフォリオを見直す必要がありそうです。


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。