コラム

🔒 日本の年金は本当に大丈夫?老後のお金は一体いくらあれば足りる?

日本の年金問題

昨年は「老後資金2,000万円問題」が大変な話題となりました。老後資金は一体いくら用意すればいいのでしょうか。関連記事にも書きましたが、2,000万円というのは標準モデル夫婦でのケース。独身のケースでは1,500万円程度あると安心でしょう。

関連記事

新型コロナウィルスに関しても楽観的と悲観論が識者の間でも揺れていますが、年金問題に関しても同じことが言えます。2,000万円という数字は現在の高齢者が受け取っている年金額を大前提として試算している数字です。つまり、マクロ環境がより悪化すれば、より多くのお金が必要になる(あるいはより長く働く)必要性も考えられるのです。

また人によって年間いくらで生活できるかも違うので一概には言えませんが、2,000万円の前提条件は夫婦で余裕を持って生活をするのに準備しておきたい数字になります。誰しもが老後にギリギリの生活をしたいとは望まないでしょう。


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。