コラム

🔒 バフェットのポートフォリオから学ぶ 理想的な株式のポートフォリオは

ウォーレン・バフェットのポートフォリオとは

バークシャー・ハサウェイが日本へ投資

投資の神様ウォーレン・バフェット氏による資産運用の会社バークシャーハサウェイが日本の5大商社株を購入して話題になりました。三菱商事などの配当利回りは6%近くになっており、不況時でもわずかに出た利益のほとんどを配当に回し、配当性向が異常に高い数値になっていました。

大手企業は株価を維持するために不況時も配当を減らしにくいのです。そのため、配当が安定的に期待できます。バークシャーは円を1%程度の金利で調達をすることができるので、「6% – 1%」の差額の鞘を取れるということです。

配当目当てでの投資だったのではないかということも言われています。彼のこの戦略は個人投資家も真似るべきで、米国債の10年物金利が0.7%前後の現在、相対的に株の配当利回りの方が魅力が高くなっています。もちろん元本は変動しますが、商社株などは比較的安定をしており、景気が回復したら上昇する可能性もあります。

 


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。