fbpx
コラム

🔒 日本経済への起爆となる デフレからインフレへの転換/バフェット効果の商社株に今から投資すると遅いか

シンガポールから東京に来ていますが、インバウンド向けの高級ホテルではソフトドリンクやビールが1杯 2,000円以上と、値上がりしたなと感じます。
 
テーマパークなども一人数千円を払うと並ばずにすぐに乗れるという選択肢を作っているところが増えました。米国のディズニーなどもこの方式です。選択肢は増えるものの、家族ではかなりの追加費用となります。
 
これまでは全ての人に平等としてきた料金体系が変わり、顧客を絞って高い価格を設定する企業も増えてきました。
日本のデフレからインフレへの転換は海外メディアでも大きく報じられており、この「変化」を受けて外国人投資家が日本の株式市場に投資をしています。
 
また、都心3区の不動産は特殊で、抽選で当たって数ヶ月保有しただけで大きな利益を得ている富裕層がいると聞きます。一等地の高級不動産ほどその傾向が高いです。
 
インフレによって、企業は商品やサービスの価格を上げることができ、従業員の基本給も上昇している企業も増えています。副業をしている会社員も増えており、女性誌の家計相談の読者の手取りも上昇していると感じます。
 
緩やかなインフレによって個人投資家は株式市場に投資をしやすくなり、また来年から改正予定のNISA(少額投資非課税制度)にとってより株式市場は後押しされる効果も考えられます。
 
そのまま円預金にしておくと、資産価値が目減りしていくので、投資先を探す必要があるからです。


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。