コラム

🔒 コロナ競売物件などお得な案件を知りたい

コロナ時代の不動産事情

コロナ競売物件などお得な案件はあるのでしょうか。

米ニューヨークのマンハッタン、英ロンドン、日本の東京など土地が限られていて需要が高いエリアでは値下がりは限定的ですぐに戻る可能性も非常に高いです。

しかし、元々過剰供給だった不動産に関しては注意が必要です。東南アジアの多くではバーゲンセールになっている物件もあります。

[マレーシア] ペナン:オーバーハングユニットの外国人最低購入価格を20~40%カット

以前に英国デベロッパーの開発案件に投資をする手法について書きました。概要はこちらのコラムからも読めます。 (海外不動産投資で年利10%を狙える…日本の常識では考えられない、その手法とは?)

 このデベロッパーに貸し付けをする手法で年利12%、償還期間12-24ヶ月という案件が出ています。

 


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。