コラム

🔒 注目をしたい米国ハイテクETF:ハイテク界でのバフェット

2020年の投資動向

私は4月頃から収入が入ったら真っ先に手取りの1/3を使って株式の購入を行っています。よほどの富裕層でもない限り、一気にドカンと投資をすることは難しいものです。定期収入やボーナスを活用するとよいでしょう。

毎月定期的に買い付けていくことによって機械的に様々な買値で資産を取得することができます。どこが底値か判断することは難しいのでこの方法は理にかなっていると思っています。

日本のバフェットと言っても過言ではない本多静六氏の『私の財産告白』でも

『「好景気、楽観時代は思い切った勤倹貯蓄」(すなわち金を重しとする)、「不景気、悲観時代には思い切った投資」(すなわち物を重しとする)という鉄則を樹てて直進することを人にもすすめている

という記述があります。


これより先は有料会員向けの記事になります。会員の方はログインしてください。有料会員価格表はこちら

テキストのコピーはできません。